今年の夏もフィラリア予防薬で大丈夫!事前に通販で買って正解

フィラリアの原因と対策

フィラリアは主に犬に感染する寄生虫のことをいいます。感染することで死に至るケースも少なくありませんので日頃から予防しておくことが重要となってくる症状です。
感染は蚊を経由して行われます。すでに感染している犬の血を吸った蚊は、その体内に極々小さなミクロフィラリアという虫を抱えます。この虫は蚊の中で成長し、感染能力を持つ幼虫になります。蚊がまた違う犬の血を吸った時にこの幼虫がその犬の体内に入り込む事で感染が成立し、以後その犬の体内住み着き成長をし続けることになってしまうのです。
犬の体内に住み着いた寄生虫は皮下や筋肉の中で成長を続け、やがて血管を経由して心臓や肺動脈に巣食うようになります。この寄生虫は成虫では30cm程度の大きさにもなり、数も増えることから血管をつまらせるようになります。そうなってしまうと犬の体調に異常が出始め、最悪の場合死んでしまうことになります。
症状は呼吸が苦しそうであったり、咳をしたりと目に見えて元気が無くなります。ご飯も食べなくなり尿が赤くなったりもしますので分かりやすくはあるかもしれませんが、このような症状が発症している段階ではかなり感染が進んでいることにもなります。感染初期では目に見えるような変化がなく、感染が進んで目に見える異常が発見できた時には大きな健康被害になっているのがこの感染症の恐ろしいところです。ですので発見して治療というのでは無く、日頃からの予防が何よりの対策とされているのです。
感染の原因は蚊です。つまり蚊に噛まれなければいいのですが、現実的に考えるとそれは難しいです。いくら都会の室内犬といえど蚊に噛まれる可能性がないわけでなく、万が一の確率でも感染してしまえばそれでアウトです。蚊が入らないように完璧に監視をするというのは現実的でない以上、蚊に噛まれても大丈夫な状態を作ることが大事です。
フィラリアには予防薬が数多くあり、使用することで感染した場合でも幼虫を除去することが出来るようになります。予防薬も月一の服用であったり、注射での予防薬なら年に一回のものありますので手間もそこまで掛かるものではありません。費用は多少なりとも掛かりますが、大事な家族のためには必要経費であるため出し渋るものではないでしょう。健康で長生きしてもらうためにも病気への予防はしっかりとしておきましょう。獣医での販売はもちろん海外通販などでも手軽に予防薬は手に入りますので利用しやすい場所で購入していくと良いと思います。薬の種類も多く、簡単に使っていけるものですのでしっかりと予防してあげるようにしましょう。